身近な気づき

身近な出来事、身近な商品で感じたこと/「聴く」を大切にすること/学びを続けること/常に家族のありがたさを実感すること

三浦しおんの「舟を編む」を読んで

主役は「辞書」と「辞書の編集者」。

 

本書を読んで、久しく辞書を開いていない、久しく辞書で言葉を調べていない事に気がつく。

辞書をめくると言う行為が、“ググる”に変わり、その過渡期もいつのまにか過ぎ去り記憶に無い。

根が単純なので、読み進めながら「新しい辞書を買いたい、身近な言葉を調べてみたい」と思ったが、読み終わった今、まだ実現していない。

 

最初は場面設定が昭和かと思うような雰囲気が漂っていたが、そうでもなかった。けれど最後まで昭和感溢れる情景だった。

辞書か〜

 

#三浦しおん #舟を編む

舟を編む (光文社文庫)

舟を編む (光文社文庫)