身近な気づき

身近な出来事、身近な商品で感じたこと/「聴く」を大切にすること/学びを続けること/常に家族のありがたさを実感すること

カーディーラーはメーカー?サービス業?点検待ちの間、気持ちよく時間を過ごしました!

以前このブログでも書いたが、15年ぶりに車を買い替えた。Audiからトヨタへ。

長年乗り続けたAudiに特段の不満はなかったが、やはりその当時の車と今の車とでは、安全性能と燃費には愕然たる差が開く。

今回1年目点検ということで埼玉トヨペットを訪問。時間通りに車を駐車場に停めようとすると、メモを片手に「○○様ですか」と声をかけてくれる。高級ホテルのドアマン並みの事前準備がしっかりなされている。スムースに店内に案内され、席に通される。すぐさま別なカウンターのご担当に引き継がれ、本日の点検について説明を始める。飲み物も聞かれる。

f:id:hiroakit1963:20220116181028j:plain

カーディーラーで提供されるコーヒー

昨年はコロナ禍もあり、ペットボトル飲料が提供されたが、今回はカップアンドソーサーで一杯出しの美味しいコーヒーが運ばれる。多少慣れない手つきがまた良し。

小一時間待つと今度はメカニックの方から点検終了と声を掛けられ、点検結果について説明を受ける。お出迎えのご担当、受付の方、メカニックの方とトータル3名のご担当者がスムースに連携され、対応してくれる。実にスムース。自動車を販売するメーカーというよりサービス業のカテゴリーという感じ。

気持ちよく1年点検が終了となる。待ち時間の読書も進んだ。

カーディーラーでの点検リピート訪問が次なる車種の買い替えへとフェードインしていくのであろう。とは言え、4〜5年点検で通った頃から、次なる買い替え提案のステップが組み込まれていくのであろうか。

“メーカーの商品を買う“と言うより、“人から買う“という雰囲気に移行されていくのであろう。そうあることを期待しコーヒーを美味しくいただいた。