身近な気づき

身近な出来事、身近な商品で感じたこと/「聴く」を大切にすること/学びを続けること/常に家族のありがたさを実感すること

中村屋の羊羹

正月の中村屋の福袋に入っていた羊羹。

“スティック羊羹”という表現の方があっている。

f:id:hiroakit1963:20200113184038j:plain

中村屋の羊羹

これまでの羊羹というと、

小皿、それも和の〇〇焼のような小皿に、

3センチ程度に包丁を入れ、立てて盛り付ける、

そして、二股に分かれている漆ちっくな和風フォークにて

刺して食す、もちろん日本茶と共に、というイメージであった。

 

ところが、この写真のようなスタイルで羊羹が

再定義されて、新たな食スタイルを伴って生まれ変わっている。

 

中村屋の開発部門でこの形状、この食スタイルを開発、

経営層に提案した際、

どのようなリアクションがあったのだろう、と想像する。

歴史ある食品メーカーの変革でもあったのではなかろうか。

 

“高級な和菓子”から“気軽な和菓子“への成長とも言える商品開発は

生き残りと経営判断、そして何よりも開発チームのご苦労が想いを馳せる。

 

えいえいおー!