身近な気づき

身近な出来事、身近な商品で感じたこと/「聴く」を大切にすること/学びを続けること/常に家族のありがたさを実感すること

書籍の断捨離

この2年程掛けてこれまで自己投資として買ってきた

ビジネス書を売りに出してきた。

もう読み返す事は無いだろう、という基準で

“本棚”から“段ボール箱”へ仕分けをしてきた。

断捨離。

 

まずはメルカリでせっせこと1冊ずつ、売ってきた。

本当に手間は掛かるが、売れる喜びを感じつつ、

最低でも300円程度で買ってくれる方がいた。

そんなメルカリで約150冊、売ってきた。

 

その後メルカリに出品するも、売れなく、動きがない書籍を約250冊、

宅配で一括引き取りをしてくれる買取サイト(A社)で引き取ってもらった。

初回、段ボール2個程度で合計1,300円で売れた。

まあ、いいだろう。

 

よし、次だと、約250冊、段ボール5箱を

別な買取サイト(B社)で引き取ってもらった。

なんと約250円だった。そう1冊1円。わかりやすい。

ご面倒でご迷惑だったと思うが、5箱をそのまま返送してもらった。

 

その後近所にあるチェーンの古本屋(C社)で持ち込んだところ、

段ボール1箱、250円だった。

小さい金額の計算であるが、B社の5倍の価格で引き取ってくれた。

店内で2冊300円の本を買い、50円の持ち出し。

 

物の値段と各社のビジネスモデルはそれぞれ、

ということが学べたエクササイズでした。

よしよし。

f:id:hiroakit1963:20200215160434j:image

#片付け